緩める

緩める

「頑張り過ぎていませんか?」

こう尋ねられた時、あなたならどう答えますか?
「え?そんなことわかりません」
「頑張りすぎているのかなぁ?」
「これくらい大丈夫ですよ」

自分が夢中になっている時って、「頑張り過ぎている」かどうかって自覚するのは難しいと思います。

仕事でも介護でも、同じことをしていても言われる人と言われない人がいる。
その差ってなんでしょう。
それはその人が怒りや、哀しみ、苦しみを感じているかどうかなのではないでしょうか。

”なんか、最近愚痴が増えたなぁ”とか、
”家に帰って、家族に怒りっぽくなったなぁ”とか、
”最近、疲れがとれない”
‥など

心地よい日常生活が送れている時は、気持ちも体の筋肉も緩んでいます。
マイナスな感情で頭がいっぱいになっている時、体にも緊張が伝わって思うように体が動かなくなります。

そのような時、マイナスなエネルギーが周囲の人に伝わって、
「頑張りすぎいませんか?」
と言う言霊で伝えてくれています。

自分自身のことは、なかなか気が付けないものです。
そのことに気が付くだけでいいんです。
自分を責めなくてもいい。

気が付くと人は変わります。
緩めるとは、怠けるということではありません。
「思考や心」を緩めて、「身体」を緩めること。
時には、自分ですることを止めて、「他人にゆだねる」ことをしてもいい。

頑張り過ぎる人は、それがなかなか出来ないかもしれません。
自分が緩んでいる時は、広い視野で客観的に物事が見られるようになり、良いアイディアも浮かんできます。
探し物も、忘れた頃に出てきますよね。

香り(アロマ)を取り入れるなど、環境を整えて早い時間に寝る。
睡眠は体をリセットして、「こころと体を緩める」には一番簡単な方法です。

「緩む」を意識して、全てを止める自分を許し、本当の自分を取り戻しましょう

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です