劣等コンプレックスとは

劣等コンプレックスとは

「劣等コンプレックス」という言葉は聞いたことありますか?

「自分は才能がないから」

「自分には学歴がないから」

「自分はかわいくないから」

などなど、こんな理由で、いろいろなことをあきらめている人を言います。

「足りない」という気持ちを成長の糧にするのか、あきらめる言い訳にするのか。

足りない」という気持ちをしっかり自分で感じている人は。二者選択になると思います。

しかし、それを感じないように、見ないようにして、コンプレックスなんて始めからなかったようにする。

そうして生きている人と、自分に劣等感を感じない人の違いって何だと思いますか?

 

 

自分の弱さや欠点を人に見せているか見せていないかの違い

劣等感を感じにくい人は、周囲から愛されている人とも言えます。

私たちは、完璧であると愛される、認められる、成功できると考えてしましがちです。

しかし周囲から愛される人って、意外に欠点が多いことも多いと思いませんか?

完全無欠な人は、あまり人気がなかったりします。

 

自分の評価を気にせずに、人に弱みを見せられる人というのは、

「あなたに対して警戒心はありませんよ」

「あなたのことを信じていますよ」

のサインなんです。

だから、自分に劣等感をしっかり感じていて、

それを表に出しているあなたは人に愛されている人のなのです。

自信を持っていいんですよ。

自分の気持ちに正直になれず強がりな人

私もそうですが、自分の気持ちに正直になれず強がりな人は、自分の弱さを認めましょう。

自分の弱さを口に出しても、人は自分から遠ざかることはないということを学びましょう。

自分の気持ちに素直になる。いつも笑顔をいる必要はないのです。

それって、感情の鎧です。

なんか、自分に言い聞かせているみたいになりましたが、

きっと同じことを感じている人が多いような気がしたので書いてみました。

 

人は弱さで繋がっていいんです!

自分が思うほど、他人は自分のことを気にしていません。

誰しもコンプレックスを持ち、あなたと同じように悩んでいるんです。

心地よい距離感で繋がるには、鎧を脱ぐことから始めましょう。

人は弱さで繋がっていいんです!

 

今日も最後までブログを読んで頂いてありがとうございました。

では、またね。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です