ケアマネジャーの役割と受け持ち人数

ケアマネジャーの役割と受け持ち人数

早速ですが、あなたは、ケアマネジャーという職業があることを知っていますか?

ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

前回は、介護保険のしくみのブログの中で、

ケアマネジャーという人がいるという話をしました。

 

ご家族に、デイサービスなどの介護保険サービスを利用していらっしゃる方が

いる方は、よくご存じだと思います。

 

ケアマネジャーを日本語で言うと、「介護支援専門員」となるのですが

介護を支援する専門員?

介護を支援するとは、介護に力添えすること

専門員とは、専門知識を持ってその分野の事務を担当する職員と

辞書には書いてあります。(日本国語大辞典)

言葉だけみると介護に力添えする事務員みたいなイメージですよね。

 

ヘルパーさんという言葉は聞いたことありませんか?

ヘルパーさんとは、施設や自宅を訪問して、介護が必要な人に直接介護する方たち

のことです。

ひと昔前になりますが、「ヘルプマン」「任侠ヘルパー」など、

テレビドラマになったので、知っているという人も多いと思います。

ヘルパーさんも介護に力添えするというイメージありますよね。

 

ヘルパーさんとケアマネジャー、実は全然違うのです。

では、ケアマネジャーの役割とはなんでしょうか?

 

ケアマネジャーの役割とは

ケアマネジャーは、介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプラン(サービス計画書)の作成や、実際にサービスを提供する事業を行う人たちとの間で、調整を行う、介護保険に関する専門家です。

ケアマネジャーは、まず、介護を受けようしている人やそのご家族のご相談にのり、

介護保険では何ができるのか説明します。

そして、サービスをご利用する方が自立した日常生活を送るために、

医療や介護、福祉サービスなどの中からに必要なものを判断し、

サービスを組み合わせてケアプラン(サービス計画書)を作成します

ケアマネジャーは計画に沿って、サービスが利用できているか、変更が必要なところは

ないかなど、サービスが始まった後も継続して全体を管理しています。

ケアマネジャーが働く場所

ケアマネジャーには、自宅で介護する人を担当するケアマネジャーと、施設に入所している人を担当するケアマネジャーの2種類があります。

 

ケアマネジャーってどこにいるのでしょう。

 

  • 自宅で介護をうける人のケアマネジャー
  居宅介護支援事業所というところで働いています。
  詳しくは市町村の窓口や、インターネットで検索してください。
  • 施設で介護を受ける人のケアマネジャー
  介護保険施設の中で働いています。

 

ケアマネジャーは、担当する人数が決まっています

このブログをご覧になって頂いている方は、自宅での介護をイメージされている方が

多いと思いのではないでしょうか。

 

自宅で介護を受ける人のケアマネジャーは担当する人数が決まっています。

法律で決まっている受け持ち数は、一人につき35名まで。

 

そのため、良さそうなケアマネジャーの事務所に依頼しても、

人数がいっぱいだと断られることもあります。

 

実はこのケアマネジャーを選ぶのが、意外と大変です。

 

続きは、次回のブログ、意外と大変なケアマネジャー選びでお話ししますね。

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です