体を温めていますか?

体を温めていますか?

 

こんばんは、介護をする人の心と体を調える、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

もうすぐ、冬至が近づいていますね。

今年の冬至は(毎年変わります)12月22日(日)です。

暦上は、ちょうど冬の真ん中、1年でもっとも昼が短く、夜が長い日です。

冬至には、ゆず湯にかぼちゃが定番ですよね。

ゆず湯は風邪予防にいいとされてますが、かぼちゃはなんで食べられるのか知っていますか?

冬至の日の風習で「運盛り」というものがあります。

冬至の日に、「ん」の付くものを食べると運が付くというもので、かぼちゃもその一つ。

「南瓜(なんきん)」と呼ばれますよね。

あとは、「みかん」とか、「れんこん」とか「金柑」とか。

私は去年、かぼちゃ食べていなかったので、運をつけるために今年は食べます!

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、今日のテーマは「体をあたためる」です。

「体をあたためる」には、お風呂に入るとか、おいしいご飯を食べるとか、あたたかいお酒を飲むとか、いろいろありますよね。

ちまたでは、健康の情報が溢れていて、体温が上がると免疫力がアップするという話もありますよね。

私は、仕事柄、高齢者と接する機会が多いのですが、同じ室温で暮らしていても、

何枚も重ねて下着や服を着ている人と、重ね着の少ない人といます。

高齢になると基礎代謝が落ちる上、動かないから筋肉が落ちて寒くなるようです。

体の熱は、約6割が筋肉で作られます。

熱は、血液によって運ばれますが、自律神経の調子が悪いと血流も悪くなり手足が冷えます。

 

 

自律神経が悪くなる原因は何でしょう?

人間関係などの精神的なストレスが主な原因です。

寒がりな人は、自律神経が乱れている場合が多いということです。

「体をあたためる」には、運動と「あたたかい言葉をかける」ことが大切ということでしょうね。

あなたの大切な家族にとても寒がりな人がいたら、あたたかい毛布よりも、あたたかい言葉をかける習慣をつけませんか。

一緒に体を動かすのもいいですね、体温がきっと上がります。

 

あなた自身が寒がりなら、心あたたまる友人と過ごしたり、心あたたまる飾りつけの場所に出かけたり、

行動を自分に促しましょう。

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です