歳を重ねても、時間は無限に広がる。

歳を重ねても、時間は無限に広がる。

 

皆さんは、ジャネーの法則を知っていますか?

 

ジャネーの法則とは、19世紀のフランスの哲学者、

ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書で

紹介された法則です。

 

こんばんは、介護をする人の心と体を整える

ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

 

ジャネーを知らなくても、その法則については皆さんも

聞いたことがあるという人が多いと思います

 

ジャネーの法則とは、

主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、

年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明したものです。

簡単に言えば、50歳の人間にとって1年の長さは

人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては

5分の1に相当する。

よって、50歳の人間にとっての10年間は

5歳の人間にとっての1年間に当たり、

5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる

(ジャネーの法則、ウィキペディアより抜粋)

 

どうですか?

確かに、歳をとると、月日が経つのが早いですよね。

 

でも、年齢に関係なく、

新しいことをすると時間が長く感じる。

待つ時間は長く感じる

楽しいことをすると時間が短く感じるなど、

時間軸は、条件次第で変わります。

 

 

私の場合は、最近、新しいことをたくさん覚えていますが

時間は短く感じます。

自分が楽しんでやっていることだからという理由が一つ。

待つ時間は、長いけど、その間に他にできることをする。

待たないから、時間の流れが速い。

 

そもそも時間の流れが速いって悪いことなのでしょうか?

何もしない終わってしまうことの後悔や

人生の残り少ない時間を、無駄にしてしまったことへの

罪悪感から来るのでしょうか。

 

 

日常的にやっていることは、経験値が高い分、若い人よりも

早く終わることが多いですよね。

初めての経験でも、若い人のようには早くは覚えられなくても、

毎日少しずつ覚えていけば、ゆっくりでも上達する。

たとえ高齢であっても、挑戦し続けられる人は

長生きして、好きなことを見つけています。

 

歳だから何もできないと思っているあなたへ、

歳をとると時間が短く感じることは確かだと思いますが、

健康寿命を延ばせば、なんだってできます。

時間は、まだまだ、無限にあると思って生活したほうが

新しいことにチャレンジできますよね!

まずは体を動かして行動することから始めましょう!

 

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です