自分の性格が嫌いと悩むあなたへ

自分の性格が嫌いと悩むあなたへ

 

自分の性格が嫌いと悩む人多いみたいですね。

人の話では、性格は歳をとったら変えられない、性格だから仕方ないなど

自分の性格をネガティブに捉えていませんか?

性格は、遺伝が半分、環境が半分と言われていますが、自分の性格を意識することができれば

自分で変えることはできます。

 

介護する人の心と体を調える、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

 

私は客観的に自分のことが知りたいと思って、色々な性格診断を受けたことがあります。

性格診断は、統計学ですが、いくつかの分類があって、そこに自分を当てはめるところは似ています。

でも、その結果がどこにも当てはまらなかったら、自分はおかしいんじゃないかと不安になることもありますよね。

何故、そう思うのでしょう、それは、人はどこかに所属していたいという感覚が常にあるからです。

自分の性格が嫌いと悩む人も、自分がなりたい性格に所属していないから悩むのです。

 

今の社会では、所属感を得られないがために、居場所がなくなり、引きこもりや違法薬物に手を出して

しまうのだと思います。

私は、自分の性格を意識することも大切だと思いますが、周りの人の性格も理解出来たら、もう少し生きやすくなると思いました。

性格には、長所と短所がある。

それを皆さんは、意識して生活して生活していますか?

とかく、人は短所ばかりに目が行きます。

性格診断が、自分に合っていれば合っているほど、ダークサイドに目が行きがちです。

でも考えてみてください。

 

例えば、自分の長所に、「自信に溢れて情熱的にふるまう」「行動力を発揮する」とあるとします。

その短所は、「これだと思った時に集中して突っ走り、周りがついてこれない。」

同じことを、違った人に、評価されているみたいですよね。

長所と短所は、実は同じことなのです。評価するのは他人です。

他人の評価で右往左往することはないんです。

ただ、「そう見えることもあるんだ」と意識できれば、自分の付き合い方が変わる。

関係が悪いと、相手の短所ばかりがどうしても目に付くかもしれないけど、

相手の性格のタイプがわかれば、長所をとらえやすくなると思います。

私は、「エニアグラム」という性格を9つのタイプに分けた診断があることを、

友人から聞いて今とてもハマっています。

いろいろ調べてみると、自分は「調べる人」のタイプが強いようです。

好奇心が旺盛で、いいと思ったことはとことん探究するタイプなのです。

その反面、興味のないことは、まったく興味がないズボラな一面も。

(一面なのか?8面くらいありぞうだけど・・・(笑))

 

性格診断は自分を知る上でとても役に立つツールです。

あなたも私も、みんな長所もあれば短所もある、それでOKなんですよね。

短所は見方を変えれば長所になる。

それが分かれば、人間関係も楽になりますよね。

あなたも、性格診断一度受けてみませんか?

私が受けた性格診断は

↓ ↓ ↓

エニアグラム無料診断

 

 

 

 

 

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です