素晴らしき哉、人生!

素晴らしき哉、人生!

こんばんは、3日ぶりのブログです。

皆さんは映画好きですか?

私は映画大好きで、一人でも映画館に行ける方なので、

大好きな『ボヘミアン・ラプソディ』は、2回も見に行ってきました(^^♪

レディガガ主演の、『アリー/スター誕生』も見に行きました。

映画館ではいつも泣いている、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

 

今日は、私がお世話になっている日本こころカウンセリング協会主催で、

ZOOMを使った映画観賞会がありました。

もちろん、無料ですよ(^^)/

年に1回、代表が企画してくれているそうなんですが、私は初めての参加でした。

皆さんは、1945年に作られたアメリカ映画の、『素晴らしき哉、人生!』という映画を知っていますか?

私が生まれるはるか前のモノクロ映画ですが、時代を感じさせない素晴らしい映画でした。

 

「素晴らしき哉人生」の画像検索結果

 

クリスマスイブに、自殺を図ろうとしていた主人公のベイリーを、

羽のない守護天使(見習い)のクラレンスが自殺を思いとどまらせて、

自分の存在しない世界を見せることにより、人生の大切さを知るという趣旨なんだけど、

とにかく俳優の表情が良くて、ストーリーに引き込まれます

主人公のベイリーは幼少期から、大人になるまでの人生で、たくさんの苦難を乗り越えて

沢山の人たちを救ってきました。

とにかく賢明に、自分が中心になって頑張ってきた。

自分の叔父が、お金を無くしてしまって会社が苦境に立たされた時、

会社や家族や子供を守らないといけないプレッシャーに、ベイリーは感情のコントロールが出来なくなり、自分なんていなくてもいいと思うようになりました。

 

そこで、守護天使に出会う流れなんだけど、主人公のベイリーは映画の中では長男なんですよね。

いつも、自分がみんなを守ってきた立場だったから、人に頼ることができなかったかもしれないなぁと、長女の私は思うのでした。。。

あなたには自分が、死にたいくらいお金に困った時・・・

頼れる人、相談できる人いますか?

親が元気な時はまだ頼れるかもしれないけど、兄弟姉妹とか友人とかには、

私も頼れないかもしれない。

何となく自分に置き換えて考える癖のある私。

死にたくなった時に、人に頼れる自分にならなきゃと考えちゃった。。。。

 

最後には、家族や自分が助けてきた地域の人たちの助けで、奇跡的に会社も助かるのですが、

久々に、感動の( ;∀;)がでました。

 

『素晴らしき哉、人生!』皆さんにも是非お勧めです!

(かなり、ネタバレしてますが・・・)

しかし、こういう風に映画をオンラインで仲間と見られるとは、いい世の中になりましたね。

昔、学校で映画観賞会に参加した以来かも。

終わってから感想を伝えあったりして楽しかったです。

お正月、混んでるかもしれないけど、映画見に行きたくなりました。

 

今日も最後までブログを読んで頂いてありがとうございました。

では、またね。

 

 

 

 

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です