厚労省から頂いたマスクをカスタマイズ

厚労省から頂いたマスクをカスタマイズ

4月20日、待望の厚労省配布の布マスクが郵送されました。

介護サービス事業所で働く職員と、そのご利用者に1人2枚配布するという説明の書類が同封されていました。

中を開けてみると、今、テレビで報道されている妊婦用のマスク同様に、一部のマスクに黄ばみが見られました。

 

きれいなマスクはご利用者用に配り、黄ばみのあるマスクは職員が使うことにしましたが、小さい上に少し抵抗があります。

そこで、マスクを解体。

一枚のガーゼになるので、洗って漂白。

縮みも一度洗うことで防げます。

そのガーゼを4枚重ねて、手作りマスクを作りました。

(出来上がりは、8枚重ねになります)

布マスク4枚分になりますが、仕事で使いたかったのと、

数が多めに入っていたので、黄ばみのあるものを集めて作った次第です。

 

↓↓元のマスク着用した写真。

 

いつも仕事では、サージカルマスクという紙マスクを使用しているので、

思えばガーゼマスクを使うのは、子供の頃依頼かもしれません。

作って使った感想は、8枚も重ねているとは思えない通気性の良さ。

そして、立体マスクでゴムに引っ張られないので耳が楽です。

 

↓↓手作り立体マスク着用

 

皆さんも、国からガーゼマスクを頂いたら、

がっかりしまないで、自分の好みにカスタマイズして使ってみてはどうでしょう。

詳しい作り方は載せられなくてごめんなさい。

手作りマスクは作り方の本も出ていますし、ネット検索でもありますよ。

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です