過去に囚われないで生きるには

過去に囚われないで生きるには

 

最近、自分の過去を普通に語れるようになりました。

語るには、聴いてくれる相手がいないと語れません。

当たり前のことですよね。

でも、その当たり前が当たり前じゃないんですよ、意外と。

 

こんばんは、

介護をする人の心と体を整える、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

 

以前のブログにも、グリーフという喪失体験から来る悲嘆と反応のことを書きました。

 

私にとって、自分の辛い過去=ダメな自分でした

離婚で子供達を引き取ったのに、結果的に手放してしまうことになった過去。

私の母親は、出来の悪い母親の私を責めました。

以前の私は、それを聞きたくなくて、母親に電話ができなくなったこともありました。

そして、自分の辛い過去に蓋をして、自分の中で辻褄をつけて生きて来ました。

 

 

離婚の原因は、元夫のお金の問題、

もうそんな人生を送りたくないと思えば思うほど、悪いことばかり起きました。

信じた人にお金を貸してしまい返ってこなかったり、車を盗られたり信じられないことばかり。

 

お金に困るような生活はしたくないと思うと、お金に困ることが起こるんです。

 

私が変わったのは、あるセラピストから受けたカウンセリングでした。

蓋をして仕舞っていた自分の子供の頃のことや、自分が子供に十分な愛情を注げなかったことを聞いてくれました。

セラピストは私に、母親が側にいないと子供は幸せになれないという、私の思い込みに気づかせてくれました。

だから、それができない自分をずっと責めていて、そのストレスが体も蝕んでいました。

 

それがきっかけで、私は、カウンセラーの学びを始めました。

私のカウンセラーの先生も、自分の思いが現実を作っているという、鏡の法則について教えてくれました。

私のお金に困る生活は2度としたくない、もう人に裏切られたくない、子供たちに謝りたい。

その思いの全てが、鏡のように反対の姿で、現実に映し出されていたんだと気づきました。

 

 

過去は変えられません。今この時を生きなければ。

傷ついた自分を癒しているうちに、自分が変わっていくのがわかりました。

人と繋がることができるようになり、自分から積極的に社会に出て行動を起こすことで、

自分のこともオープンに話せるようになり、体調も良くなりました。

 

いろいろな人に感謝し、母親とも連絡をとるようになりました。

再婚した夫を大切にして、夫の子供達にも気を遣わずに、上手に付き合えていると思います。

 

そんなこと言っても、辛い過去の蓋をあけてしまったら、また苦しい気持ちと向き合わなければならないでしょ?

そう思う方もいると思います。

過去は過去、辛い気持ちと向き合うことはありません。

ただ、表に出すことで、自分の間違った思い込みに気が付くことはできます。

蓋を占めて閉じ込めている気持ちが、無意識に体に反応を起こしていることもあります。

もし、あなたが自分の過去の話を誰かに語りたいと思うのなら、カウンセラーを頼るのも一つの方法です。

知り合いには話せないけど、他人のカウンセラーという立場の人なら話せるかもしれません。

もし、私に聞いて貰いたい方がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームからメールしてくださいね。

もう、過去に囚われるのは終わりにしませんか。

 

 

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です