介護保険サービスの使い方で気を付けること。

介護保険サービスの使い方で気を付けること。

家で暮らす一人暮らしの高齢者が、介護が必要になった時。
要介護認定を受けて、ケアマネジャーと契約しケアプランを作成してもらいます。
その時、注目してほしいのが、サービスの回数です。
最初は少なめに設定してもらうことをお勧めします。

初めて親が介護になって、どうしたらいいのかわからないという方も多いので、ケアマネジャーに全てお任せしてしまっていませんか?
ケアマネジャーはケアプランの作成時に、「公平中立な立場で、介護をうける本人の状況に合ったサービス事業者とその回数をケアプランに位置付ける」ことを介護保険法で決められています。
しかし、職場が変わり担当を引き継ぐと、「どうしてこんなに過剰なサービスが入っているの?」と思うケースと出会うことがあります。

利用期間が長いほど減らすのが大変

特に家事支援(生活支援)で入るヘルパーさんは、家族のように感じてしまうのか寂しさで手放そうとしません。
ご家族も毎日ヘルパーが来てくれれば、安心かもしれませんが介護サービスも限りある資源です。
国で要介護度別に利用できる回数が決まりましたが、要介護認定調査を担当者に委託している地域では、高めの要介護度がついてしまう場合があります。

複数の種類のサービスを使うのも一つの方法

ケアマネジャーが慎重な性格で、本人にも家族にも負担をかけないように考えた結果だったのかもしれません。
しかし、その時の状況では致し方のないことでも、回復に合わせて調整していく必要はあります。
訪問看護や通所サービスなど、最初から組み入れておくと調整しやすいでしょう。

過剰なサービスは依存を呼び、介護する側もされる側もお互いにストレスが溜まりやすい状況に陥りやすい。
ケアマネジャーにケアプラン作成を依頼する時は、サービスを選んだ理由、回数を決めた理由をしっかり聞いて、少なめに設定し、状況を見て増やす方向でケアプランを修正することをお勧めします。

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です