要介護認定の申請方法 そのしくみとは?

要介護認定の申請方法 そのしくみとは?

皆さん、介護保険という言葉は聞いたことありますか?

はじめまして、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

「自分は、まだ大丈夫」

「寝たきりじゃないから介護ではない」

 

誰もが、「介護をうけるような生活はしたくない」と思っています。

しかし、いつ、どのタイミングで自分や身近な人に介護が必要になるかわかりません。

 

また、「高齢者しか使えないかと思っていました。早く知っていればよかった」と

後悔する人も、私の経験上少なくありません。

介護が必要になっても、自分や家族が笑顔で生活できる

介護保険制度は、介護が必要になった65歳以上の高齢者や、

特定の病気で介護が必要になっている40歳以上の方の

介護を社会全体で支える仕組みと言われています。

 

はて?

 

介護を社会全体で支える仕組みってなんでしょうね?

保険のしくみ、申請方法、介護保険で受けられるサービスなどを

わかりやすく説明していきたいと思います。

 

介護保険でいう、介護を社会全体で支えるしくみとは?

介護保険は介護が必要な方に、その費用を支給してくれる保険です。

保険ですから、皆で保険料を負担して、必要な方に支給する仕組みになっています。

ここでいう支給とは、生命保険のようにお金がもらえるものではありません。

介護サービスを受けた時に、その支払いが総額の1割~3で済むということです。

皆さんが病院に行ったときに使う健康保険と、考え方は同じですね。

しかし、ここで注意しないといけないのが、健康保険は生まれた時の届け出だけで

保険証が使えるのに対して、介護保険は申請して審査を受けないと使えません。

65歳の誕生日が来ると市町村から送られてくる「介護保険証」

これを持っているだけでは、介護サービスは受けられないということです。

また、介護保険証をもらえる年齢じゃなくても介護保険が受けられる方もいます。

次は、その辺についてお話ししたいと思います。

介護保険の申請と審査とは

介護保険には、「要介護認定」という審査があります。

要介護認定とは、介護が必要な状態であることを市町村が認定することで、

その審査は、市町村職員による日常生活の聞き取り調査と、主治医の意見書

の二つから行われます。

申請は、お住いの市町村の役所の介護保険の係で行えます。

 

用意するものは、

・65歳以上の方は、介護保険証(紛失しても再発行は可能です)

・40歳以上で、特定の病気(※注1)をお持ちの方は、健康保険証

※要介護認定を申請して、審査結果が出るまでは通常、1ヶ月程度かかります。

 

※注1 特定の病気とは、国で定められた以下の16をいいます。

①がん末期 ②関節リウマチ ③筋萎縮性側索硬化症(ALS)④後縦靭帯骨化症

⑤骨折を伴う骨粗しょう症 ⑥初老期における認知症 ⑦進行性核上性麻痺、

大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病 ⑧脊椎小脳変性症 ⑨脊柱管狭窄症

⑩早老症(ウエルナー症候群) ⑪多系統萎縮症 ⑫合併症を伴う糖尿病

⑬脳出血、脳梗塞 ⑭閉塞性動脈硬化症 ⑮慢性閉塞性肺疾患

⑯両側の変形性膝関節症・股関節症

介護保険サービスは、在宅サービスと施設サービスがあります。

介護保険の審査のところで、審査結果が約1ヶ月かかるという話をしました。

審査結果が出ると、郵送で結果通知書と新しい介護保険証が送られます。

介護保険サービスには、自宅で介護をうける在宅サービスと、施設に入所して

サービスをうける施設サービスがあります。

施設サービスを希望される方は、その通知と保険証を持って、家族が施設に

直接申し込みをすることができます。

(ただし、要介護認定の結果によって申し込める施設と申し込めない施設があります

ので、詳しいことは、その施設やお住まいの市町村の担当者に聞いてください)

しかし、自宅で介護をしていく方は、直接、サービスを申し込むことはできません

そこで、まずしなければならないことは、担当してくれるケアマネジャーを見つけて

契約することです。

病院を退院してすぐにサービスが必要な方、家で介護しているが審査結果が

でるまで待てないと困っている方へ、

そのような時にも、ケアマネジャーを見つけて相談し、担当になってもらうことが

出来れば、申請日から介護サービスを利用することができます。

さて、ケアマネジャーって何をする人?なのでしょう。

次のブログで、お話させてもらいますね

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です