自分がわからないイライラはどこから来るの?

自分がわからないイライラはどこから来るの?

 

あなたは、時々、理由のわからないイライラに悩むことはありませんか?

それは、更年期障害じゃないかな、睡眠不足?ストレスかな?

原因は外側にあると思っていると、イライラの原因にたどりつけません。

 

介護をする人の心と体を調える、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

 

では、自分のイライラの原因を見つけるのにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、自分自身にに問いかけてください。

以上のことに、以下の例を当てはめてみましょう。

これは、私のメンターでもある今泉智樹さんの著書「クライエントの信頼を深め心を開かせるカウンセリング技術」のPFC分析シートを元にしたセルフカウンセリングの方法です。

この例で気がつきましたか?この人がイライラしていた原因を。

赤字で書ている「自分がないがしろにされているような感じ」⇒自分が大切にされていない

とも言い換えられますよね。

メールの返信が来ないことで、自分が大切に思われていないというふうに思ってしまう。

その思いは、幼い頃の体験から自分が作ったルールなのかもしれません。

でも、大丈夫です。

この奥さんは、夫は誰に対してもLINEの返信が遅い、しかし、いつも帰ってきてから、その話をしてくれている。

ということに思えるようになりました。

ずいぶん大人になったと思いませんか?

子供の頃に作られたルールは、潜在意識にしっかり書き込まれて、自分を苦しめていることが多いのです。

でも、こうして書き換えることも可能なんです。

皆さんも、治したくても治せない癖や、自分の考え方、イライラなど

カウンセリングで治してみませんか?ずいぶん生き方が楽になりますよ!

もちろん、セルフカウンセリングで自分の内面を探って書き換えることも可能です。

カウンセリングは病んだ人がうけるというものではありません。

気軽に受けてくださいね。

 

・カウンセリングの申し込みはこちら ➡ 申し込みフォーム

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です