最終話【介護とお金の話】一番大切なこと

最終話【介護とお金の話】一番大切なこと

これまで、大切な人を安心して介護するための、5つのポイントについて

話をしてきましたが感想はいかがでしょうか?

このブログを読んで頂いた方の中には、もう知っているよという

介護のベテランの方もいらしたかもしれませんね。

介護する人の心と体を調える、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

 

私は、ケアマネジャーとして働いて、20年が過ぎようとしています。

いろいろな家庭を訪問して、介護している人からたくさんのことを学びました。

仕事の合間や貴重な仕事の休みを、私との面談にあててくれる人。

自分の体も辛いのに、ご主人の介護をしている高齢夫婦との面談。

皆さんには、共通しているところがありあます。

それは、介護している人もされている人も、完全に自分の思いどおりには

なっていないということ。それは、自宅で暮らしたいという

それぞれの思いの中で、折り合いをつけて暮らしているから。

私はそれが、思いやりというものではないかと思います。

 

介護をする上で一番大切なことは、お互いを支配しようとせずに、

思いやりを持つことではないでしょうか。

介護をされる人ができることは、家族に自由な時間を提供すること。

家族ができることは、介護される人がいろいろなことを我慢していることを、

分かってあげることだと思います。

時には、イライラして感情をぶつけあうこともあるけど、

相手をありのまま、受け止められるのも家族ですよね。

 

 

家族の中で試行錯誤しながら、お金をかけないように

工夫している人もいます。

  • 手作りの手すり。やや安全性に欠けるものもありますが、そこは愛情でクリア。
  • 職場が自宅に近ければ、昼休み自宅に帰って一緒に昼食を食べて、おむつ交換をして、職場に戻る人もいました。
  • 本人に携帯電話を持たせて、職場からこまめに安否確認。お昼は手の届くところに用意して出かけます。

 

ケアマネジャーは、介護サービスの押し売りではありません。

介護する人の手の届かない部分に、サービスを組み入れます。

 

 

しかし、介護になるまでの人間関係や、認知症などによる介護困難から、

施設を選ばざるを得ない人もいます。

 

私は、自宅、施設どちらを選んだとしてもOKだと思っています。

特に認知症の人は、近くに人がいないと、とても不安になるからです。

家族じゃなくても、近くに誰かのぬくもりを感じられている環境が必要なのです。

家族の顔が分からなくなってしまったと、悲しむ家族もいますが、

そばに寄り添って、手を握ってあげるだけでもその気持ちは伝わります。

 

私は、介護を受ける人と家族から、

「施設に入れて良かったのだろうか」

という相談を受けます。

その問いかけに対して

「あなたの人生は誰のためにありますか?」

私はそう問いかけることがあります。

(質問を重ねるのは失礼ですが…)

自分で希望しないかぎり、自分で自分のことが出来るうちに、

施設に入る人はいません。

家族でも背負いきれない部分があって当然です。

介護を受ける人にとって、家族の笑顔が一番の薬だということを忘れずに。

 

 

あなたは担当のケアマネジャーに何でも相談できていますか?

ケアマネジャーは、相談されると嬉しいものです。

たとえわからなくても、

「調べてもらえて返事をもらえるでしょうか?」と

遠慮なくお願いしてみてください。

医療にセカンドオピニオンがあるように、介護のケアマネジャーも一度担当したら

変えられないというわけではありません。

ケアマネジャーも相性があわないと思えば変えることもできます。

直接言いにくければ、お住まいの地域の地域包括支援センターに

相談してみてください。

 

担当ケアマネジャー相談すれば、ケアプランやお金の話は

いろいろ教えて貰えるかもしれない、

でも、あなたの心に寄り添うことができるのは、

ケアマネカウンセラーの私かも知れません。

 

 

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です