生きるってことは大変だよ

生きるってことは大変だよ

 

今日はケアマネジャーの仕事で、家族と同居している96歳の女性と、95歳の1人暮らしの女性、

90歳のご主人と奥さんの高齢者夫婦のお宅を訪問しました。

 

若い人はピンとこないと思いますが、介護に携わる仕事をしている私たちの感覚では、

60~70歳代はまだ若い、80歳~90歳代はお年寄り、100歳以上をすごい長生きと感じます。

昔は100歳以上のお年寄りには少なかったので、国や県や市からたくさんの品物やお金が出ましたが、

今は多すぎて予算が回らないほど、本当に超高齢化社会ですよね。

 

介護をする人の心と体を整えるケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

 

 

今日訪問した私の担当の3人は皆、若い頃から80歳位まで、

社会に出て活躍してこられたばかりの方々です。

96歳の女性は、専業主婦でしたが60歳過ぎてから、俳句や鎌倉彫など15もの趣味や習い事をしていました。

90歳代の1年は、80代の頃とは比べ物にならないほど、老いを早く感じるそうです。

「目が白内障で見えなくなり、耳が遠くなってから、何もやる気が起きなくなった。

1日1日を生きるのが大変だよ」そう呟きました。

優しいご家族がそばで、面倒をみてくれるので、動くのは最小限、それでも大変だと

言います。

 

95歳の女性は、80歳代まで、地域に貢献して国から勲章を頂いた経験があります。

子供達が独立して、夫が亡くなってから一人暮らしを続けています。

心臓や腎臓が悪いので、足が浮腫んだり、足の筋力が落ちて歩くのが本当に危ない。

何度も転んでいます。

手すりや歩行器、杖で対応して、やっと生活しています。

それでも、台所に立って食事を作り、自分でお風呂を沸かして入ります。

「自分のペースで生活できる今の環境が、とても幸せなんだよ」と話します。

この間の台風では、避難の指示がでましたが、この足ではほかの人の迷惑になる

からと、避難しませんでした。

「いざとなったら、2階に逃げるし、この歳まで生きたらもういいでしょ」と

笑っていました。

 

90歳の男性は、会社を定年後、自宅近くの畑を借りて果物や野菜つくりや卓球など、

いつも体を動かしていて、奥さんの介護もしています。

遠乗りはしませんが、自動車も運転します。

年相応の物忘れはあるかもしれませんが、びっくりするほどよく働いています。

自宅で採れた自慢の果物を、いつもお土産に持たせてくれます。

そんな、ご主人に介護されている奥さんは、足が悪いですが幸せそう。

家事はもうできないけど、出来るだけ、ご主人の世話にならないようにトイレまで杖で、

歩くことだけは頑張っています。

 

 

人は、生活環境やその人の持つ性格により、老いの姿も十人十色です。

ただ、言えることは、頭を使うことに加えて、体を動かしている人は健康長寿だということ。

脳トレブームで、自宅でパズルなどに励んでいる人もいます。

脳トレもやった方がいいですが、一番の認知症予防は、歩行することだと

言われています。

その理由は、脳の血流が良くなるからだそうです。

「生きるってことは大変だよ」という言葉を聞いて、いくつになっても

生きることは挑戦なんだと感じた一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です