訪問診療と往診の違いとメリット

訪問診療と往診の違いとメリット

 

皆さんは訪問診療という言葉は聞いたことがありますか?

往診のことでしょ?と思う人が多いと思います。

医師が自宅に来てくれることは同じなんですが、実は別物なんです。

その違いについて説明しますね。

 

介護をする人の心と体を調える、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

 

この時期、体調を崩して入院する高齢者が増えますね。

入院するとホッとする反面、病気に通って洗濯物を取りに行ったり、

付き添いしたり、さすがに昔のような泊まり込みの付き添いは

少なくなりましたが、病院で長い時間過ごすのは、患者さんばかりでなく、

家族の人も、疲れが溜まります。

 

私も夫の入院で経験がありますが、付き添いは大変。

椅子も硬くてお尻も痛いし。

退院した後も、通院に連れていかなければならなくて

自家用車に乗せるのも一苦労。

時間も半日~1日潰れてしまいます。

 

実は、最近、訪問診療をする病院や診療所が少しずつ増えてきています。

通院の難しい歩けない人が利用することが多いですが、訪問の時間もだいたい決まっているし、

家で診察を受けたほうが本人も家族も疲れない。

話もゆっくり聞いてくれて、相談にものってくれる。

(病院では長い時間待っても、話ができるのはほんの数分ですよね)

 

そんな訪問診療ですが、昔から行われている往診とどこが違うのでしょうか?

日本訪問診療機構のホームページにはこう書いています。

往診とは、

往診とは、通院できない患者さまの要請を受けて、医師がその都度、診療を行う事です。

突発的な病状の変化に対して、救急車を呼ぶほどでもない場合など、

普段からお世話になっているホームドクターにお願いして診察に来てもらうもので、

基本的には困ったときの臨時の手段です。

それに対して訪問診療とは、

訪問診療とは、月に2度の訪問診療を行うため、容態悪化の予防や施設にいながらの長期療養も可能になります。毎週○曜日の○時にと約束して医師が訪問の上、診療するのです。
1週間ないし2週間に1回の割合で定期的、且つ、計画的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等を行っていきます。また、患者さまやご家族の方からご相談を受けた時点で、これまでの病歴、現在の病気、病状などを詳しく伺うとともに、関係医療機関などから情報収集を図ります。
その上で、どのような治療を受けられたいか、ご家族の介護力や経済的な事情なども詳しく伺いながら、診療計画、訪問スケジュールをたてていきます。尚、急変時には緊急訪問に伺ったり、入院の手配を行ったりするなど、臨機応変に対応することからも、「第一のかかりつけ医」として、多くの場合、24時間体制で在宅療養をサポートするのが、訪問診療の特色です。

大きな検査は、紹介状をもらえば大きな病院でも見てもらえるし

入院が必要な時はちゃんとさせてもらえます。

末期がんで治療が終わった人も、本人や家族の希望で

自宅で訪問診療や、訪問看護を受けながら、穏やかに療養している方が

多くなってきています。

病院と違って、疲れたら横になれるし、用事も足すことができる。

近所の人や親せきも来てくれたり、たくさんの親しい人とも触れ合える。

 

介護は、疲れないように考えるのが一番だと私は思います。

訪問診療をうけるには、主治医からの紹介状が必要です。

もしあなたが、訪問診療を考えているなら、主治医やケアマネジャーに

一度、相談してみてみませんか。

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です