1人が気楽、でも話し相手は欲しい

1人が気楽、でも話し相手は欲しい

今日は朝から雨模様。

いつものように朝カフェしながら、外を見ているダル。

ダル「この天気では仕事にならないダル・・・」

私「今日は外で写真は撮らないから大丈夫!行くよ!!」

さぁ、今日も仕事仕事。

今日伺う1人暮らしのHさんは、95歳の素敵な女性です。

本人からブログに載せる許可を頂いたので、紹介させて頂きます。

 

介護をする人の心と体を調える、ケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

Hさんは、足が不自由で一人では外出できません。

でも、自宅の中は何とか歩いて生活できます。

家の中でも杖を使っていますが、以前は、何度もつまづいて転んでいました。

足がむくんで、立ち上がる時が一番危ない。

それでも、自分で外に出て、郵便物や新聞を取りに行くのが日課。

天気のいい日は、庭の伸びた雑草が気になってしかたなくなり、

1人で庭の草取りをしてしまい、市内に住む娘さんに叱られてしまうこともよくありました。

 

いつものように、チャイムを鳴らして大きな声で

「Hさん、吉田です!おじゃましまーす(^^♪」

玄関はいつも開けておいてくれているので、声をかけて中に入ります。

足が不自由なので、本人に玄関に出迎えは不要と話しているからです(田舎はアットホームでいいでしょ?)。

玄関には、出入りが危なくならないように、介護保険でステップ付きの手すりをレンタルしています。

ダル「下にステップが付いているから、上がりやすそうダル」

廊下にも手すりがあります。

この手すりは、移動が自由で、ベッドの横にも置けるし、長い廊下にも置けます。

手すりと言うと、住宅に取り付けるというイメージを持っている人が多いと思いますが、時間もかかるし工事代もかかります。

最近は、介護保険のレンタルで手すりを置く人が多く、頼んだ翌日には納品になります。

値段も、玄関手すりで月400~500円、移動できる手すりで月200~300円と手軽で、使わなくなったら返却できるという利点もあります。

 

Hさんは、とても95歳とは思えない、知識人です。

毎月雑誌を取って、最近の知識も学んでいます。

気の強いところがあって、一人でしっかり家を守っています。

「私はこう見えても、いろいろやることがあるのよ」というのが口癖。

思うように動かない足を引きづるように、身の回りのことをしています。

家の中での移動は、左手に杖、右手で伝え歩き。

長い距離は、歩行器を使います。

Hさんは、とてもお話しが好きですが、デイサービスはどんなに勧められても行きません。

一対一で話すのが好きなタイプです。

お正月に、娘さんやお孫さんと曾孫さん達の訪問があったそうです。

Hさん「小さな曾孫が、人見知りして、大変だったのよ。カワイイけど疲れて、一人がやっぱりいいわ」

私「でも、いっぱい話せて楽しかったでしょ?」

Hさん「一人がいいわ。でも話し相手は欲しいんだよね」

私「Hさんの気持ちわかるわー(笑)」

 

今日も沢山お話しできて楽しかったと言ってもらえました。

人に語ると言うことは、癒し効果があります。

Hさんの笑顔を見ていると、私も癒されます。

私は、高齢になり一人になったら、早いうちからケアハウスに入って、楽しようと思ってましたが、Hさんのような生き方もちょっと引かれるものを感じました。

不自由さを楽しむって、こういうことを言うのかも知れませんね。

 

それでは、今日も最後までブログを読んで頂き、ありがとうございました。

介護トラベラーダルは明日も続きます。

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です