断捨離はうつに効果があるようです

断捨離はうつに効果があるようです。

 

断捨離はうつに効果があるって知っていますか?

断捨離は心の安定に繋がっているという理由からです。

①モノを要る要らないとを分ける作業が、自分が思ったことを行動に移すことになり、自己肯定感が高められる。

②身体を動かしてできる作業というのは考えすぎて頭がぐるぐる回り出してしまったときに向いている

なるほどーと思いませんか?

うつ状態でなくても、断捨離をすると頭がすっきりするのはそのためだったのかと改めて感じました。

 

介護をする人の心と体を調えるケアマネカウンセラーの吉田和枝です。

片付けが苦手な人は、自分がどうして片付けが苦手なのか考えたことはありますか?

片付けが苦手な人は物も溜め込みやすい人が多いです。

それは、物を捨てることに対する罪悪感や、寂しさを物で埋めているという特徴があります。

親元から離れて一人暮らしをしている人にもたまに見られていることで、

若い女性の間に部屋を片付けられない人が増えているのです。

そのような方は単に片付けられないだけでなく、ゴミさえも溜め込み、物に囲まれて心を満たしている。

では、その罪悪感や寂しさは、どうしたら満たされていくのでしょう。

 

 

これは、私の考えなのですが、物を捨てられない人は心の奥に、気が付かない喪失感・悲嘆(グリーフ)があって

行動に移せないのでは、心の居場所がないからかもしれませんね。

仕事をしていても、異性とお付き合いしていても、そこに自分の居場所を感じないから

心にぽっかり空いた喪失感が埋められない。

自分でどうしようもなくて苦しんでいる人、見ないように生活している人タイプは様々です。

私がケアマネジャーで訪問している方の中にも、物に囲まれて生活している一人暮らしの方をよく見かけます。

認知症のせいで片付けられない人もいますが、皆、人と関わるようになると物が増えなくなります。

ヘルパーさんや家族が来て、本人に一つ一つ言葉をかけながら、片付けていきました。

週1回の作業だったので、半年かかりました。

その90歳代の女性は、自宅で息子夫婦や、看護師や介護職員と関わることで、

生活にやっと居場所をみつけました。

最終的には、施設に入りましたが、もう以前のような物集めはしなくなりました。

心が満たされたからかも知れません。

物が捨てられない、家を片付けられないと悩んでいる人へ、

1人では無理です。人に助けを求めて下さい。

うつ病になる前に、人を頼んで一緒に断捨離しましょうね。

 

Follow me!

メルマガ申し込みボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です